気遣う余裕 | 女の子と楽しく過ごす風俗の遊び方!良いサービスを受けるコツ

気遣う余裕

「気遣う余裕」のイメージピクチャです。

多くの風俗店があるなかで人気が高いのがヘルス系のお店です。京都にもデリヘルやホテヘルなどお店の数が多いですよね。そんなお店では、他のお店によくあるようなマッサージメインで…とかフェラメインで…という縛りが特にないため、好きな時間を過ごすことが出来ます。となるとそこに生まれる空間はまるで恋人同士のよう。好きにイチャイチャ出来るのは楽しいものです。それこそがヘルス系の魅力だったりします。
そんなヘルスの女の子たちにオキニがいるという男性も多いですよね。疑似恋愛がそうさせるのかもしれません。しかし、いくら気持ちがいい空間だからといっても、だらだらと過ごしてしまうのはいけません。気を付けたいのが去り際にいつまでも引きとめてしまうということ。女の子たちは次のお仕事があります。帰りが遅くなったことで次のお仕事を逃してしまったり、予約のお客さんに迷惑をかけてしまうこともあります。名残惜しいからとギリギリまで引っ張ると、女の子からは嫌われてしまうかもしれませんよ。シャワーなどもありますし、10分前には終わる準備をさせてあげましょう。
女の子への気遣いというのはとても大事。これは去り際だけではありません。出来るだ安く済ませたいということで40分のコースをするということもあると思いますが、正直彼女たちは焦ってしまいます。その時間でイカせる必要もあるし、準備や帰り支度もしないといけませんので、余裕がありません。万が一イカせることが出来なかったら、男性自身もがっかりですが彼女達も無念な気持ちになってしまうのです。出来れば60分ほど余裕を持たせてあげるというのも優しさのひとつになります。
大人の余裕を見せつけて、この人ちょっと違うな?と思ってもらえたら、好感度も上がるかもしれませんよ?